2009年7月27日 (月)

塀の上に立ったら「建造物侵入罪」だそうです

 7月16日に、とある最高裁判決が出されました。

 

 1 原判決の認定及び記録によれば,本件の事実関係は,次のとおりである。
  (1) 被告人は,交通違反等の取締りに当たる捜査車両の車種やナンバーを把握するため,大阪府八尾市所在の大阪府八尾警察署東側塀(以下「本件塀」という。)の上によじ上り,塀の上部に立って,同警察署の中庭を見ていたところ,これを現認した警察官に現行犯逮捕された。

 逮捕されちゃった人は、今までに、たびたび交通違反で捕まっていたそうで、悔しくて、覆面パトカーなどの車種やナンバーを研究したかったんだそうです。

 何台もあったら記憶も大変ですし、怪しげな車両を見かけるたび、いちいち思い出したりしていられないと思うのですが。

 もしかしたら、ナンバーはゴロ合わせで覚えるんですかね。「52-18」で、「こうつう-いはん」とか……。

 
 

 本件塀は,高さ約2.4m,幅約22cmのコンクリート製で,本件庁舎建物及び中庭への外部からの交通を制限し,みだりに立入りすることを禁止するために設置されており,塀の外側から内部をのぞき見ることもできない構造となっている。

 
 塀の幅は、靴の長さよりちょっと短いぐらい、落ちたらちょっと怖いぐらいの高さですね。

 今回打ち出された「塀をよじ登ったら住居侵入罪」という基準は、どうやら塀だったら何でも成り立つというわけではなく……

 少なくとも、簡単には乗り越えられず、しかも、外から内側をのぞき見ることができないような立派で強固な塀に関しての基準だといえるみたいです。

 だから、牧場の柵みたいな、スキマがスカスカ空いているものは違うのかもしれないですね。

 あとは、しゃれたガラス張りやシースルーの塀とか? そんなものがあるのかどうか知らないですが。

 そういえば、東京・神楽坂の最高裁長官の官舎、その塀(というか石垣)が、高さ5メートルぐらいでそびえ立っているのを思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

( 日本全国 マニアック博物館の世界 ) ★『47都道府県これマジ!?条例集』(幻冬舎新書) ★『サイコーですか? 最高裁!』(光文社) ★『ズレまくり! 正しすぎる法律用語』(阪急コミュニケーションズ) ★『罪と罰の事典』(小学館) ★『裁判官の人情お言葉集』(幻冬舎新書) ★『裁判官の爆笑お言葉集』(幻冬舎新書) ★恋の六法全書(阪急コミュニケーションズ) ☆『裁判傍聴マガジン』(イースト・プレス) 『話題』『重大』の判決日程表 【採り上げてくださったメディア】 とほほ権力 ぬれぎぬという理不尽 はじめてのお改憲 らしくない弁護士 正木ひろし クローン人間が誕生したときの法律問題 ニッポン「違法状態」探訪 ニッポン全国 これマジ!?珍部署 ニュース フィクション(架空)世界の法 フジサンケイ「新規参入」騒動 ミラクルニュースの研究 メールマガジンの追補 交通安全 ふしぎ発見! 人権擁護法案の「危険部位」を検証する 出版企画「疑似恋愛で乗り切る受験」 司法浪人いろはガルタ 司法試験挫折後…… 人生再建あれこれ 地方 ふしぎ発見! 地方 ふしぎ発見! ⇒ 珍イベント集 実定法としての皇室典範 文明VS大自然 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 本日の乱暴者 条例で見る“地方の時代” 〔その他〕 条例で見る“地方の時代” (中国・四国) 条例で見る“地方の時代” (中部) 条例で見る“地方の時代” (九州・沖縄) 条例で見る“地方の時代” (北海道) 条例で見る“地方の時代” (北陸) 条例で見る“地方の時代” (東北) 条例で見る“地方の時代” (近畿) 条例で見る“地方の時代” (関東) 死刑という刑罰 法と実態の矛盾 法と生命 法律の種(法案) 法律の芽(新法) 法律家の語録集 法科大学院 ふしぎ発見! 法解釈という名の言葉遊び 泥棒 ふしぎ発見! 私の知らない『原発裁判』の世界 私の知らないマイナー法の世界 第22回 最高裁判事国民審査へ向けて 第20回最高裁判事国民審査に向けて 第21回 最高裁判事国民審査に向けて 自由と正義の三百代言 ― 弁護士 自由業者の行き当たりバッタリ取材旅行 薬物犯罪と芸能界 街で見つけた「なんじゃこりゃ」 裁判ニュースつまみぐい 裁判傍聴録「レペタな私」 裁判傍聴録「レペタな私」〔ダイジェスト版〕 裁判員制度を裁く! 裁判員制度を輝かす 100の改善案 裁判所 このワンダーランド 裁判所が認めた「あたりまえ」 講演・シンポジウムの観覧録 逮捕ニュースつまみぐい 音楽 ( 小学生からわかる 裁判所のつくりかた ) ( 映画「ショージとタカオ」 ) 18禁法律学 4コマまんが