2010年9月21日 (火)

9月14日『押尾学に懲役6年を求刑』…を、テレビはどう報じたか?

 もうすでに判決出ちゃってますし、ずいぶん時間が経っての番組チェックになってしまい、どうも失礼しました。

 「押尾裁判」におけるテレビの報じ方ですが、「意外と慎重にやっておいでだなぁ」というのが第一印象です。

 私のほうこそ、テレビ報道に対する先入観や予断・偏見があったようです。 どうもすみませんでした。 お詫びいたします。

 それでも、判決が出る前にもかかわらず、報道姿勢の偏りや不要と思われる演出等がj若干ながらみられ、ややもすると判断者に予断を生じさせかねない箇所が散見されましたね。

 作り手は無意識でやっているのかもしれません。 ですが、もしも無意識の偏りだとすれば、今後も修正されない可能性があるので、かえってタチが悪いわけです。
 

 なお、当日は、民主党代表選の結果が出るという大ニュースがありましたので、各番組とも、政治ニュースに大幅に時間をさいていたという、全体的な傾向があります。

 

 
 

NEWS FINE (テレビ東京17時台)

扱い:速報ニュースコーナー
時間:1分ほど
内容:客観的情報のみ
BGM:速報コーナーで共通一貫して使われているもの
押尾被告人の発言ナレーション:なし
コメンテーター:なし

 

スーパーJチャンネル (テレビ朝日17時台)

扱い:トップニュース
時間:8分ほど
内容:法廷の様子や押尾被告人の一挙手一投足を、詳細にレポート。法廷画とCGを組み合わせる工夫も。
BGM:ミステリアスで静かな曲 弁護人の無罪弁論シーンで、若干盛り上がるような曲調へ。
押尾被告人の発言ナレーション:若手アナウンサー風・誠実そうな印象
コメンテーター:VTR中に元検察官の若狭弁護士の話。
スタジオコメント:大谷昭宏氏 「求刑は8年ぐらいかと思っていたが6年。刑罰は軽くてもいいから『致死』を認定してほしいという、検察のメッセージだと受け取れる。裁判員がどう判断するか注目したい」

 

FNNスーパーニュース (フジテレビ18時台)
扱い:通常ニュース枠
時間:6分ほど
内容:法廷画や写真などを交え、オーソドックスなレポート調
BGM:サスペンスドラマのような謎めいた感じを演出するもの
押尾被告人の発言ナレーション:野太く男っぽいナレーターが読み上げ
コメンテーター:VTR中にヤメ検の若狭弁護士の話。スタジオコメントなし

 

news every. (日本テレビ18時台)
扱い:トップニュース (17時台は扱い無し)
時間:3分ほど
内容:法廷画が中心のレポート
BGM:全体的に静かでミステリアスな曲調
押尾被告人の発言ナレーション:若手アナウンサー風
コメンテーター:なし

 

NHKニュース9 (NHK総合21時台)
扱い:速報ニュースコーナー
時間:1分ほど
内容:アナウンサーが事実関係のみ述べる
BGM:なし
押尾被告人の発言ナレーション:なし
コメンテーター:なし

 

報道ステーション (テレビ朝日22時台)
扱い:通常ニュース枠
時間:1分ほど
内容:法廷の様子を淡々と説明。
BGM:静かでミステリアスな曲調。弁護人の無罪主張で少し盛り上がる曲調へ。
押尾被告人の発言ナレーション:野太い声のナレーション
コメンテーター:なし

 

NEWS23クロス (TBS23時台)
 扱い無し。

 

ワールドビジネスサテライト (テレビ東京23時台)
 私がオンタイムで確認した限りでは、扱い無し。

 

NEWS JAPAN (フジテレビ24時台)
扱い:通常ニュース枠
時間:1分ほど
内容:法廷画を交えながら、過不足のないレポート
BGM:静かで若干おどろおどろしい曲調
押尾被告人の発言ナレーション:若手アナウンサー風
コメンテーター:なし

 

おはよん (日本テレビ4時~5時半)
扱い無し。

 

めざにゅ~ (フジテレビ4時台)
扱い:速報ニュースコーナー
時間:1分ほど
内容:法廷画を交えながら、過不足のないレポート
BGM:速報コーナーで使われる共通一貫したもの
押尾被告人の発言ナレーション:なし
コメンテーター:なし

 

やじうまプラス (テレビ朝日5時台)
扱い:通常ニュース枠
時間:2分ほど
内容:法廷画などを交えながら、過不足のないもの
BGM:サスペンスドラマで使われるようなミステリアスな曲調
押尾被告人の発言ナレーション:野太く低い声
コメンテーター:なし (ただし、6時台の新聞読みコーナーで、大谷氏が前日夕方と同趣旨のコメント)

 

みのもんたの朝ズバッ (TBS6時台)
扱い:新聞読み
時間:2分+2分ほど (2回に分けて)
内容:デイリースポーツなどの記事を読み上げ
BGM:新聞読みコーナーの一貫したもの
押尾被告人の発言ナレーション:なし
コメンテーター:なし
スタジオコメント:みのもんた氏 「救命措置はしたんだよね。6年が妥当かどうか注目したいですね。薬物は再犯率が高い。薬物が簡単に手に入る世の中は何とかしなければ怖いね」
※7時台にも、オーソドックスなニュースの形で1分ほど紹介。

 

とくダネ (フジテレビ9時台)
扱い:通常ニュース枠
時間:5分ほど
内容:法廷の様子を法廷画などを交えてレポート
BGM:アクション映画のような煽る曲調
押尾被告人の発言ナレーション:ベテランアナウンサーが読み上げ
コメンテーター:若狭弁護士の「懲役6年は軽い」というコメントを紹介。
スタジオコメント:
小倉智昭氏 「この懲役6年という求刑に、この裁判の難しさが出てるんじゃないかという、うがった見方をしてしまうけどね」
高木美保氏 「被害者の遺族が最高に重い刑をって涙ながらに希望してるじゃないですか。それが非常に印象に残っていて。このぐらいの求刑にしとくから、あとはよろしく、っていう検察の考えをちょっと感じるんですけど」

 

スッキリ! (日本テレビ8時台)
扱い:通常ニュース枠
時間:15分ほど
内容:役者が実際に登場して、検察の論告求刑や弁護人の弁論を再現。さらにさかのぼって、過去の公判の様子も役者達が再現。スタジオでも解説。
BGM:ミステリアスなドラマのような曲調
押尾被告人の発言ナレーション:長髪のイケメン役者が、舌っ足らずな口調で再現
コメンテーター:
若狭弁護士「被告人自身が持ってきたMDMAを飲ませたということなら、保護責任がさらに強く認められる」
アメリカ陪審裁判を経験した国際弁護士「裁判員は科学者や専門家でないが、その常識や世界観で判断する」
スタジオコメント:
おおたわ史絵氏「致死の立証は医学的には本当は難しい。しかし、たとえ心臓が止まっていても救急車を呼んだのなら、裁判員の心証もだいぶ違った」
ロバート・キャンベル氏「井戸に落ちた子どもは理屈抜きで助ける。孟子の言葉ですが、日本人の基本的な良識でもある。本件は法律の理屈の問題だが、押尾被告人の自己保身を裁判員がどう見るか」
テリー伊藤氏「田中さんがMDMAを自ら飲んでいる。致死を認めるのは難しいかもしれない

 

ひるおび (TBS12時台)
扱い:通常ニュース枠
時間:25分ほど
内容:論告弁論のニュースは最低限。むしろ、傍聴したリポーターらによる押尾被告人の一挙手一投足をリポートする話題や、裁判員が休日返上で評議を行うニュースを中心に大きく特集。
BGM:VTR中では、ドキュメンタリー番組のような曲調
押尾被告人の発言ナレーション:なし
コメンテーター:なし
スタジオコメント:麻木久仁子氏 「もし自分が裁判員になったら、法的責任と道義的責任とをどう線引きして考えればいいか、難しいと思う。法廷は人格を裁くところでなく、行為を裁くところ」

 

ワイド!スクランブル (テレビ朝日11時台)
扱い:新聞読み
時間:2分ほど
内容:スポーツ報知などの記事を読み上げ。板倉宏教授の「求刑が軽い」とのコメントを紹介
BGM:新聞読みコーナー共通一貫のもの
押尾被告人の発言ナレーション:なし
コメンテーター:なし

 

情報ライブ ミヤネ屋 (日本テレビ15時台)
扱い:通常ニュース枠
時間:18分ほど
内容:法廷画を交えて、さらにスタジオでも解説。検察側と弁護側の主張を、丁寧に表にまとめて対比している。
BGM:アクション映画っぽい、少し大げさな印象のもの数曲 ときおりBGMなし
押尾被告人の発言ナレーション:若手アナウンサー風・誠実そう・棒読み調
コメンテーター:なし
スタジオコメント:
嵩原安三郎弁護士 「最近の検察は厳罰化の傾向があるので、懲役6年の求刑は率直に言って軽い。しかし、去年の執行猶予が取り消されることなども考え、全体のバランスを取ったのだろう。ただ、被告人と田中さん、どちらが用意したMDMAか“不明”という結論に裁判員が至る可能性もあるが、それでも被告人を保護責任者と認定する可能性はある。一緒に山登りをしていて、ひとりが足を滑らせて崖から落ちたら、もうひとりは保護責任者になる。それと同じこと」
岩田公雄解説委員 「裁判員の方はご苦労されるだろうが、一般人の感覚が求められている」
見城美枝子氏 「法律はともかく、人としてどうか。それが重要なわけでしょう。それが裁判員制度の魅力だと思う」
デーブ・スペクター氏 「薬物使用に対しては、アメリカの陪審は日本ほど大きく、保護責任の認定に影響しないだろう。密室で起こった事件だけに、わからないことが多く、法的に裁くことは難しい」

 

-------

 録画機材の物理的な問題で、日テレの「NEWS ZERO」や、フジテレビの「めざましテレビ」、テレビ朝日「スーパーモーニング」など、いくつかのニュース情報番組につき、チェックが抜けてしまったのが不覚です。

 この日は各局、政治ニュースに総力を注ぎ込んでいたからかもしれませんが、押尾裁判の報道に対する力の抜け具合が如実に出ていました。

 2~3分ぐらいの尺に抑えておく程度が、ちょうどいい塩梅といえそうですね。

 ヤメ検・若狭弁護士の、思わぬ売れっ子ぶりを目の当たりにするという収穫もありましたが……

 やっぱり各局、ヤメ検さんばかり重用しすぎです。

 弁護士業務一筋のベテランからコメントをあまり取らない(取り忘れている)態度も、テレビの報道姿勢に偏りを生む一要素だと指摘せざるをえません。

 各テレビ番組については、今後も同じようなことを、ちょくちょくやっていこうと思います。

 また、スポーツ紙や週刊誌、ネットメディアなどがどう伝えているかについても、検証したいですが、ひとりでやるのは限界がありそうですな。
 でも、結果が面白くなりそうな見込みがあるなら、やりますけど。

 
 (( 参考 ))

 

「押尾裁判」の報道姿勢に見る、メディアの相変わらずっぷり (9月7日)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年9月10日 (金)

板倉教授のコメントの意味がわからない

>>> 板倉氏バッサリ「推定で話しているだけ」

 日大名誉教授(刑法)の板倉宏氏(76)は、初公判での押尾被告側の主張について「全体的に予想された通りの内容で、検察側の主張を覆すだけの証拠は何も提示できなかった。現時点では(保護責任者遺棄致死罪の)無罪を証明するのは厳しい」と指摘した。

 [中略]

 押尾被告は「救急車を呼ぶことは考えつかなかった」と述べたが、「あまりにも不自然」と板倉氏。「弁護側は救命可能性を低いと言っているがゼロとは証明できていない」とし、可能性がある以上は同罪が成立するとの見解を示した。裁判員裁判だったことで「モニターなどを使って裁判員の情に訴えたかったのだろう」と話していた。(2010.9.4 サンケイスポーツ


 

 司法試験を受けるような人なら、誰でも知っている、刑法上の基本的な論点なのですが……

 保護責任者遺棄致死というのは、仮に、「保護責任者」とされる人が、もし「遺棄」せずに対処していた場合、その被害者の命を「十中八九」救えたであろうとされた場合に成立する、というのが最高裁の判例です。

 だとしたら、弁護人は救命可能性がゼロだったということまで証明する必要はないのでは?

 救命可能性が「十中八九」とまではいえない低い水準だった、ということさえ証明できれば、理論的には十分、保護責任者遺棄致死を突き崩す立証として足りるはずです(それが本件で現実的に可能かどうかはともかく)。

 

 板倉教授は、いったい何を言いたかったのか?

 あるいは、サンスポの記者が板倉教授の談話を誤解して載せてしまったのか?

 それとも、誤解をしているのは私なのか?

 どなたか刑法に詳しい方、教えていただきたいと思います。

 
 

 明日は、布川事件再審の第3回公判で、朝から土浦へ向かわなきゃいけないのですが、この記事を見つけてしまったせいで、気になって眠れません。

 もう深夜1時過ぎちゃいました。 ぐ…… グンナイ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年9月 7日 (火)

「押尾裁判」の報道姿勢に見る、メディアの相変わらずっぷり

 裁判員制度がスタートする夜明け前の段階で、民放連は、裁判員裁判の報道姿勢について、自戒を込めてガイドラインを策定しています。

 

 ■ 2008年01月17日 (報道発表)裁判員制度下における事件報道について … (社)日本民間放送連盟

   

(1) 事件報道にあたっては、被疑者・被告人の主張に耳を傾ける。

   

(2) 一方的に社会的制裁を加えるような報道は避ける。

   

(3) 事件の本質や背景を理解するうえで欠かせないと判断される情報を報じる際は、当事者の名誉・プライバシーを尊重する。

   

(4) 多様な意見を考慮し、多角的な報道を心掛ける。

   

(5) 予断を排し、その時々の事実をありのまま伝え、情報源秘匿の原則に反しない範囲で、情報の発信元を明らかにする。また、未確認の情報はその旨を明示する。

   

(6) 裁判員については、裁判員法の趣旨を踏まえて取材・報道にあたる。検討すべき課題が生じた場合は裁判所と十分に協議する。

   

(7) 国民が刑事裁判への理解を深めるために、刑事手続の原則について報道することに努める。

   

(8) 公正で開かれた裁判であるかどうかの視点を常に意識し、取材・報道にあたる。


 民放連は、これだけ立派なことを言っていますが、さて、先週金曜日から始まった、今回の押尾学裁判員裁判の報道姿勢は、果たして、これらのガイドラインを守れているのでしょうか。

 推定無罪という、抽象的なお題目の話だけでなく、曲がりなりにも、被告人が現に無罪を主張している否認事件である以上、この「押尾裁判」は非常にデリケートな事案なのです。

 が、番組制作サイドに、そのあたりの配慮がどれだけあるのか、心配に思います。

 もちろん、押尾被告人の印象は、率直に言って悪い。 これまで思想性も哲学もカラッポなイケメン俳優が、粋がって背伸びして、ひたすら針小棒大のハッタリを言い並べてきたように見えます。

 その自信満々っぷりを、殿方の魅力として感じてしまった女性たちが近寄ってきて、大いにモテにモテた色男、遊び人のイメージもあります。

 しかし、それがいくら気にくわないからと言って、それは法廷で裁かれるべき事柄でないことは言うまでもありません。 もちろんマスメディア報道によってリンチを加えられるべき筋合いもない。

 押尾さんは女にモテる。 われわれはモテない。 これは、いくら藻掻いても、どうしようもない現実なのです。

 どうぞ広い心で受け容れてください。 野郎のジェラシーはカッコ悪いっすよ。

 今回、東京地裁104号法廷で裁かれるべきは、あくまで「保護責任者遺棄致死が成立するような行為(不作為)が、その日のその時刻の被告人にみられたかどうか」 ……この公訴事実ただ一点です。

 一部の良心的なコメンテーターの方は、「押尾被告人は、芸能人時代のイメージが強いため、なおのこと、有罪無罪の判断に先入観や偏見が入らないようにしなければいけない」といった趣旨の指摘を付け加え、必死にバランスを取ろうと、涙ぐましい努力をしています。 おつかれさまです。

 問題は、裁判の一部始終を報道するVTRの中身ですよね。

 おどろおどろしいBGMを付けてみたり、全体的な色合いで黒を基調にしてみたり、センセーショナルな証言だけを強調して採り上げたり。

 VTRの編集担当者が匿名であることをいいことに、面白がって好き勝手なことをしていないでしょうか。

 ただ、こうして私の印象論だけを書き並べても仕方がありませんよね。

 今度、各局のニュース番組を全部録画して、しっかり検証してみようと思います。 この心のモヤモヤに決着を付けたいと願いますね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年10月 4日 (日)

薬物犯罪と芸能界 (2) 加勢大周

 酒井法子、押尾学と、俳優が立て続けに違法薬物の使用容疑で検挙されています。

 そこで、過去の俳優検挙の事例を見ていきながら、その社会的影響を改めて考えていきたいと思います。

 こちらも、酒井被告人と同様、爽やかなイメージで知られ、しかもデビュー当時からほとんど下積みを経ずに、まぶしいスポットライトを浴びてきた俳優でした。

 


俳 優

 
加 勢 大 周



 

(事件の概要) 2008年

 覚せい剤約0.88グラム、乾燥大麻約9グラムの所持。

 さらに大麻草27株の栽培。

 自宅には、覚せい剤の注射器と、大麻の吸引パイプも見つかった。

 
 

(事件の影響)

 TBS系連続昼ドラマ「キッパリ!!」の放送中止。



(判 決)

 懲役2年6カ月(3年間の執行猶予)

 

(裁判官による判決理由)

 違法薬物に対する常習性、依存性もうかがわれるので、刑事責任は重大。しかし、二度と手を出さないと反省の態度を示している。初犯であり前科前歴も見あたらないことから、社会内での更生を図るのが相当。

 
 
(事件後)
 芸能界から引退。故郷である北海道・函館に帰り、再起を図っているものとみられる。

 
 
 
 現在、【芸能界・薬物騒動のご時世に捧ぐ】シリーズと題し、覚せい剤・麻薬・大麻関連の刑事裁判傍聴録を、重点的にお届けしています。

 
 

< バックナンバーと、今後の配信予定 >

 

◇ 9月23日配信
  [薬物騒動のご時世に…1] 現・朝日新聞社社長の息子が、MDMA(合成麻薬)と大麻を所持/執行猶予中の再犯/大麻を買ったらオマケでもらった?(2006年)

◇ 9月26日配信
  [薬物騒動のご時世に…2] 「覚せい剤をやめたいが、自分の力ではやめられない」と、59歳の男が自首/薬物前科7犯・売春防止法違反6犯(2006年)

◇ 9月30日配信
  [薬物騒動のご時世に…3] 「元“いいとも青年隊”イワンが大麻所持/ストレスを溜めこんでいた理由とは?/過去の薬物使用歴について(2006年)

◆ 10月3日配信
  [薬物騒動のご時世に…4] NHK長寿子ども番組「おかあさんといっしょ」のディレクターが覚せい剤と大麻を(2007年)

◆ 10月7日配信予定
  [薬物騒動のご時世に…5] 全日本プロレス「嵐」が大麻所持/相撲取りからプロレスラーへ転向/角界大麻問題との関連は?(2006年)

◆ 10月10日配信予定
  [薬物騒動のご時世に…6] 大麻取締法は憲法違反だ!【前編】/各方面から多くの証拠を持ち込み、弁護士が懸命の無罪主張(2006年)

◆ 10月13日配信予定
  [薬物騒動のご時世に…7] 大麻取締法は憲法違反だ!【後編】(2006年)

 

 現時点での購読申し込みによって、◆マークの号を、「無料」で試し読みしていただけます。 ご興味のある方は、お申し込みをどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

薬物犯罪と芸能界 (1) 槇原敬之と西川隆宏

 わざわざ私が指摘するまでもないのですが、芸能界における「薬物汚染」に、あらためて大きな関心が寄せられています。

 依存性の高い覚せい剤を乱用し、有罪判決を受けながらも、再び芸能界で鮮やかに活躍できる人もいます。

 大麻の所持で、完全に表舞台から去ってしまう人もいます。

 最初だけネタとして面白がられて、多くのマスコミに採り上げられるも、しばらくしたらパッタリ姿を見せなくなったりする人もいますね。

 

 こうした帰結の差は、芸能人としての才能の有無という、身もフタもない要素によって左右されているのでしょうか?

 「夢や希望を売る職業の者が、犯罪を犯した時点で、永久追放だ」という徹底した立場もありえます。

 更生の舞台は、なにも芸能界だけではないのですから。

 しかし、ビジネス上のメリットが見えたら、あまりにもあっさり芸能界に復帰させてしまうような業界の悪いクセもあるように思います。

 ちょっと残酷な気もしますが、同じような罪で捕まった同業者を比較しながら、「芸能界と薬物」について、この機会にあらためて考えてみたいと思います。


 

シンガーソングライター
槇原敬之

(事件の概要) 1999年

覚せい剤0.875グラムを、友人と共謀して所持
(※覚せい剤使用とMDMA所持は不起訴)

 

(事件の影響)

 所属事務所(ソニーミュージックエンターテイメント)は、音楽活動の「無期限停止」を決定。

 

保釈(保証金300万円)

 逮捕から1週間もせず、店頭のCDが回収されることになり、慌ててファンが買いに走ったため、過去の作品の売上が一時的に伸びた。このあたりの反応は、酒井法子被告人のケースと重なって映る。

 

(判決)
 懲役1年6カ月(3年間の執行猶予)
 覚醒剤所持の初犯としては相場どおり。

 

(裁判官の説諭)
 「家族らの信頼を裏切ったが、多くの人たちが更生を期待していることは十分、分かっていると思う」

 

(事件後)

 2001年に、古巣のワーナーミュージックと再契約。

 デビューしてから事件時までに作っていた曲は、ラブソングが大半だったが、事件の後は、人生や日常生活、平和などを考えさせる曲が多くなっている。

 SMAPに提供した楽曲「世界にひとつだけの花」のCD売り上げが、ダブルミリオンの大ヒット。

 バラエティ番組「探偵!ナイトスクープ」の顧問として、たびたび出演し、より親しみやすいイメージに。

 

 

 

キーボード奏者
西川隆宏

 

(事件の概要)2002年

 「自分自身の音楽と生き方を追求するため」に、3月にドリームズカムトゥルーから独立。実の兄と組むプロジェクトを進めていく過程で、口論となり、その場にいた兄の妻に暴行し、逮捕されたもの。
 勾留中に、自宅マンションで覚せい剤0.01グラムを使用したとして再逮捕。「2~3年前から常習的に使っていた」と供述。

 

(事件の影響)

◆ ドリカムの2人(吉田美和・中村正人)のコメント

 デビュー前から、“アンチドラッグ”という姿勢を強く貫いてきました。西川自身
の言葉を信じていた我々にとっては、大変残念なことです。

 これまで西川を信じ、応援してくださった皆さんに対しては、言葉も見つからない
ほど申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 今後は、一社会人としての責任を果たしてくれることを願うばかりです。

 

(判決)

 懲役1年6カ月(3年間の執行猶予)
 覚醒剤所持の初犯としては相場どおり。

 

(事件後)
 ラジオでのパーソナリティーをしたが、自分のやりたいことを違っていたため、故郷の北海道に帰ってDJをやっていた。
 睡眠不足で疲れていて、東京へ来たときにクラブに立ち寄り、売人の誘いについ乗ってしまった。(覚せい剤再犯の法廷での供述より)

 2006年、執行猶予期間が満了して3カ月後、再び覚醒剤の所持で逮捕される。 →懲役1年6カ月の実刑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

( 日本全国 マニアック博物館の世界 ) ★『47都道府県これマジ!?条例集』(幻冬舎新書) ★『サイコーですか? 最高裁!』(光文社) ★『ズレまくり! 正しすぎる法律用語』(阪急コミュニケーションズ) ★『罪と罰の事典』(小学館) ★『裁判官の人情お言葉集』(幻冬舎新書) ★『裁判官の爆笑お言葉集』(幻冬舎新書) ★恋の六法全書(阪急コミュニケーションズ) ☆『裁判傍聴マガジン』(イースト・プレス) 『話題』『重大』の判決日程表 【採り上げてくださったメディア】 とほほ権力 ぬれぎぬという理不尽 はじめてのお改憲 らしくない弁護士 正木ひろし クローン人間が誕生したときの法律問題 ニッポン「違法状態」探訪 ニッポン全国 これマジ!?珍部署 ニュース フィクション(架空)世界の法 フジサンケイ「新規参入」騒動 ミラクルニュースの研究 メールマガジンの追補 交通安全 ふしぎ発見! 人権擁護法案の「危険部位」を検証する 出版企画「疑似恋愛で乗り切る受験」 司法浪人いろはガルタ 司法試験挫折後…… 人生再建あれこれ 地方 ふしぎ発見! 地方 ふしぎ発見! ⇒ 珍イベント集 実定法としての皇室典範 文明VS大自然 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 本日の乱暴者 条例で見る“地方の時代” 〔その他〕 条例で見る“地方の時代” (中国・四国) 条例で見る“地方の時代” (中部) 条例で見る“地方の時代” (九州・沖縄) 条例で見る“地方の時代” (北海道) 条例で見る“地方の時代” (北陸) 条例で見る“地方の時代” (東北) 条例で見る“地方の時代” (近畿) 条例で見る“地方の時代” (関東) 死刑という刑罰 法と実態の矛盾 法と生命 法律の種(法案) 法律の芽(新法) 法律家の語録集 法科大学院 ふしぎ発見! 法解釈という名の言葉遊び 泥棒 ふしぎ発見! 私の知らない『原発裁判』の世界 私の知らないマイナー法の世界 第22回 最高裁判事国民審査へ向けて 第20回最高裁判事国民審査に向けて 第21回 最高裁判事国民審査に向けて 自由と正義の三百代言 ― 弁護士 自由業者の行き当たりバッタリ取材旅行 薬物犯罪と芸能界 街で見つけた「なんじゃこりゃ」 裁判ニュースつまみぐい 裁判傍聴録「レペタな私」 裁判傍聴録「レペタな私」〔ダイジェスト版〕 裁判員制度を裁く! 裁判員制度を輝かす 100の改善案 裁判所 このワンダーランド 裁判所が認めた「あたりまえ」 講演・シンポジウムの観覧録 逮捕ニュースつまみぐい 音楽 ( 小学生からわかる 裁判所のつくりかた ) ( 映画「ショージとタカオ」 ) 18禁法律学 4コマまんが