2012年6月 5日 (火)

小学生からわかる 裁判所のつくりかた (1)

 皆さん、お久しぶりです。

 この半年ほどは個人的に取り巻く状況の動きが激しく、なかなか、このブログの更新に手が回らなかったのですが、これから何とか更新を続けていこうと思います。

 

 今回は、今ひそかに温めている「子供向け法律本」の企画を、ここで少しずつ公開していこうと思います。

 「人が人を裁く」という行為に、何が必要で、何をやってはいけないのか、小学校の教室を舞台に、物語形式で解説する、新しい刑事手続きの解説本ができないかと、ここ数年考えてきました。

 ただ、刑事手続きを体系的に並べて説明するよりも、物語の登場人物たちが、悩み、不満を言い合いながら、少しずつ「よりよいもの」を築き上げていく過程を経て、「なぜ、この手続きが必要なのか」を、心で感じられるものができないかなと。

 まずは、冒頭部分を試しに書いてみました。

========================================

 こうへい君は、声を上げて泣いています。日に焼けた顔じゅうから、涙をしぼり出すかのように。

 「オマエ、何泣いてんだよ。気持ちわりぃ」
 「謝れよ、こうへい! オマエがやったんだろ!」

 みのる君とまこと君が、ワイワイ騒ぎ立てて、こうへい君を、じわじわとメンタル的に追いこんでいきます。
 
 「うぇぇぇぇぇぇ~ん、ヒック、ヒック、うわわあああぁぁぁぁぁ」
 「ヤ~バいぜー、ヤ~バいぜー! せ~んせえに、言うてやろ~」
 「せーんせーに、言うてやろ~~」
 「おい? 何を先生に言うんだ?」
 教室での騒ぎを聞きつけて、担任の先生が、みのるの背後から近づいてきました。

 担任は、みんなから「えんま先生」というあだ名で呼ばれています。

 えんま先生は、ウソをつく人が大嫌いらしいです。
 えんま帳という記録を読みながら、死んだ人を裁く……と言い伝えられている、えんま大王の話を聞いたことありますか。

 「ウソつきはね、えんま様に舌を抜かれて、二度としゃべれなくさせられるんだよ」と、親が子供をしつけるとき、しばしば話題にあがる、有名な怖いおっさんです。

 死んだあとでなきゃ会えないはずのえんま大王が、まるで冥界から降臨して、この桜ふぶき小学校に現れたかのよう。

 えんま先生はクラスのみんなから恐れられています。最近は子どもたちに厳しくて怖い先生が少なくなったので、えんま先生の存在を頼もしく思う先生方もいますが、たまに、別のクラスの揉め事にまで首を突っ込むので、一部の先生たちからは うっとうしがられています。

 ちなみに、担任は遠藤マサルという名前なので、それを略して「えんま先生」と呼ばれ始めたんじゃないか、という説も有力です。
 最近結婚してムコ養子に入り、本名が阿久根マサルに変わりましたが、結局、略せば「あくま先生」になるので、それはそれで合ってるね、という話にもなっています。

 「えんま先生っ! これです!」

 ハキハキした口調の仕切りたがり屋、クラス委員の のりこさんが、教室の隅っこの床を指さしました。廊下から見ると、その箇所だけキラキラと美しく光って見えます。割れたガラスのかけらが散らばっているのです。
 
 「うわっ、割れてんじゃねえか! 誰だよ!」

 えんま先生の怒号が、教室じゅうに響きわたります。のりこさんが手ぎわよく、ほうきとちりとりを持ってきました。

 「先生、このままだと危ないから、掃除したほうがいいですよね」
 「ちょっと待て! まずは事件現場を確保せねば!」

 えんま先生は、クラスの子どもたちがケガをしていないか心配する余裕を、すっかり失っていました。
 ぎざぎざにひび割れた窓ガラスの隙間から、風が吹き抜けてきて、泣きじゃくる こうへいの髪をそっとなでました。こうへい君も、その心地よさにひたる余裕などありませんでした。
 
 「誰がやったんだ! いつから割れてんだよ! 知ってるやついるか?」
 一方的にまくしたてるえんま先生の目を見ながら、告げ口したのはみのる君たちでした。

 「こうへいがやったんだと思います」
 「こうへいです。最初に」

 その言葉を聞いて、こうへい君の両肩がピクンと縮みました。

 「こうへい、そうなのか?」
 「………」
 「どうなんだ?」
 「…………違います」
 「え?」
 「ぼ、ぼくじゃないです」
 「よし、職員室に来い」

 えんま先生の「職員室に来い!」は、もはや言い逃れできっこない合図なのです。

 ウソが嫌いなので、何か悪いことをしても、「本当のことを正直に言えば許すぞ」と、かっこいいことを言います。それで理由を答えると「言いわけするな!」なんて、ムチャを言うこともあります。それで、何時間も説教が続くこともあるんです。

 「ぼくじゃないです! ぼくじゃないです!」
 
 こうへい君は、震える声で、そう繰り返すしかありませんでした。

■考えてみよう

 これを読んで、えんま先生がやったことの、よいところと、よくないところを発表してみましょう。 よくないところは、どうしたほうがいいと思いますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

( 日本全国 マニアック博物館の世界 ) | ★『47都道府県これマジ!?条例集』(幻冬舎新書) | ★『サイコーですか? 最高裁!』(光文社) | ★『ズレまくり! 正しすぎる法律用語』(阪急コミュニケーションズ) | ★『罪と罰の事典』(小学館) | ★『裁判官の人情お言葉集』(幻冬舎新書) | ★『裁判官の爆笑お言葉集』(幻冬舎新書) | ★恋の六法全書(阪急コミュニケーションズ) | ☆『裁判傍聴マガジン』(イースト・プレス) | 『話題』『重大』の判決日程表 | 【採り上げてくださったメディア】 | とほほ権力 | ぬれぎぬという理不尽 | はじめてのお改憲 | らしくない弁護士 正木ひろし | クローン人間が誕生したときの法律問題 | ニッポン「違法状態」探訪 | ニッポン全国 これマジ!?珍部署 | ニュース | フィクション(架空)世界の法 | フジサンケイ「新規参入」騒動 | ミラクルニュースの研究 | メールマガジンの追補 | 交通安全 ふしぎ発見! | 人権擁護法案の「危険部位」を検証する | 出版企画「疑似恋愛で乗り切る受験」 | 司法浪人いろはガルタ | 司法試験挫折後…… 人生再建あれこれ | 地方 ふしぎ発見! | 地方 ふしぎ発見! ⇒ 珍イベント集 | 実定法としての皇室典範 | 文明VS大自然 | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌 | 本日の乱暴者 | 条例で見る“地方の時代” 〔その他〕 | 条例で見る“地方の時代” (中国・四国) | 条例で見る“地方の時代” (中部) | 条例で見る“地方の時代” (九州・沖縄) | 条例で見る“地方の時代” (北海道) | 条例で見る“地方の時代” (北陸) | 条例で見る“地方の時代” (東北) | 条例で見る“地方の時代” (近畿) | 条例で見る“地方の時代” (関東) | 死刑という刑罰 | 法と実態の矛盾 | 法と生命 | 法律の種(法案) 法律の芽(新法) | 法律家の語録集 | 法科大学院 ふしぎ発見! | 法解釈という名の言葉遊び | 泥棒 ふしぎ発見! | 私の知らない『原発裁判』の世界 | 私の知らないマイナー法の世界 | 第22回 最高裁判事国民審査へ向けて | 第20回最高裁判事国民審査に向けて | 第21回 最高裁判事国民審査に向けて | 自由と正義の三百代言 ― 弁護士 | 自由業者の行き当たりバッタリ取材旅行 | 薬物犯罪と芸能界 | 街で見つけた「なんじゃこりゃ」 | 裁判ニュースつまみぐい | 裁判傍聴録「レペタな私」 | 裁判傍聴録「レペタな私」〔ダイジェスト版〕 | 裁判員制度を裁く! | 裁判員制度を輝かす 100の改善案 | 裁判所 このワンダーランド | 裁判所が認めた「あたりまえ」 | 講演・シンポジウムの観覧録 | 逮捕ニュースつまみぐい | 音楽 | ( 小学生からわかる 裁判所のつくりかた ) | ( 映画「ショージとタカオ」 ) | 18禁法律学 | 4コマまんが