2006年8月 5日 (土)

これからの ふくびき (4コマ)

060805fukubiki

 

◆ 裁判員の参加する刑事裁判に関する法律 第21条(裁判員候補者予定者名簿の調製)
1 市町村の選挙管理委員会は、前条第1項の通知を受けたときは、選挙人名簿に登録されている者の中から裁判員候補者の予定者として当該通知に係る員数の者(※中略)くじで選定しなければならない。

 

>>>>>>>>>> みそしるオススメ本 <<<<<<<<<<

 冒頭にいきなり載っている著者の写真を見て、思わず噴き出してしまいそうになりますが(すいません)、そこはグッとこらえて、「まじめに法を考えてみよう」という著者の呼びかけに、耳を傾けてみましょう。
 

 アメリカでうまくいったネット規制を、日本に直輸入してはいけないワケとは?

 ネット上の言論は、政治に消極的であるべきか。

 ネット時代の、「著作権」と「コピー」。 その微妙な関係とは。
 

 ちょっと面倒ですけど、「法とは何か」という大上段から、あらためて、ネット社会の取り決めについて思いを馳せてみませんか。

 法的な整備があいまいなままでは、インターネットは「金儲けの道具」以上のものにはなれないかもしれません。

 

インターネットの法と慣習  かなり奇妙な法学入門
インターネットの法と慣習 かなり奇妙な法学入門 白田 秀彰

おすすめ平均
stars軽やかに、でも本気でネットワーカを挑発する書
stars法が何のためにあるのか分かる書
starsブログで法律を論じる前に

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月 9日 (金)

村上ファンドの最終陳述

060609murafund (((参考過去ログ)))

ホリエモンの最終陳述(2006/05/20)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年5月20日 (土)

ホリエモンの最終陳述

060520horiejudge_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年3月13日 (月)

ロボ弁護士、参上

060313robo

 ロボ弁護士、殉職……。 ひとりの無罪判決と引き換えに。

んー、美しいっスねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

高いところからすいません

060127houtei

 たとえ、気に入らない裁判官であっても、開廷と閉廷の際には、起立と礼の儀式は欠かさないでいただきたいものです。

 別に裁判官個人を嫌っていてもいいんです。その立場に敬意を払うことが、背後にある司法システムを尊重することにつながります。

 小学校で学級崩壊が起きて授業が成立しなくなったり、全国の成人式で、わけわからんパッパラパーが出没するのも、その親たちが「立場を敬う」ということを教えていないからではないでしょうか。

 あ、描きかけてた「ロボ弁護士」のこと忘れてました。(笑)
 ……ま、いっか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月13日 (金)

あけましておめでとうございます

060112sexy2

 
 
 そうです。私は欲求不満です。

 1ヶ月近く更新を止めておいて、復帰早々ギリギリなネタを持ってくる、こんなブログですが、今年もよろしくお願いします。

 次回の4コマは、新シリーズ「ロボ弁護士」をお送りする予定です。現在、下書きだけ出来ております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年11月 8日 (火)

「生体認証セキュリティ時代」を鋭くえぐる問題作

051108atm

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月24日 (土)

医療ミスは問責される。「判決ミス」はどうか?

050924magic

>>> 「本当に勝ったんだ」 笑顔広がる報告集会

 「布川事件」(※[管理人注] 1967年 茨城 62歳の大工が殺害された強盗殺人事件)の再審開始決定(※[管理人注]水戸地裁土浦支部 彦坂孝孔裁判長)を受け、桜井昌司さん(58)と杉山卓男さん(59)=いずれも無期懲役が確定、仮釈放=と弁護団が21日午後、茨城県土浦市の文化施設で報告集会を開いた。
 集会には支援者ら約130人が参加。はじめに、2人の支援を続けながら亡くなった弁護士らに黙とうをささげた。
 桜井さんは「皆さんが喜んでくれたことが私の喜び。皆さんの力添えがなければ途中で挫折していた」と笑顔であいさつ。杉山さんは「決定が出た時は夢の中だったが、女房からメールが来て本当に勝ったんだと思った」と喜びをかみしめた。
 中田直人弁護士は「一つの闘いが勝ち取った勝利への第一歩」と話した。各地から訪れた支援者からも「うれしい」「素晴らしい決定」と喜びの声が上がった。(共同通信) - 9月21日

 再審、つまりすでに判決が確定してしまっている裁判のやり直しです。まだ、「これから裁判をやり直します」と決まっただけの段階ですが、無期懲役以上が確定した日本の刑事裁判で再審がなされた場合に、今まで逆転無罪判決が出されなかった例はございません。なので、このように結論を先取りした、事実上の「勝利宣言」となったのでしょう。

 おふたりの当事者のうち、杉山さんは仮釈放後にご結婚、たしかお子さんもいらっしゃったと思いますが(違ってたらすみません)、ここでも「人生のやり直し」も果たそうとしておられます。


>>>再審決定への異議に反論 毒ぶどう酒事件で弁護団

 三重県名張市で1961年、ぶどう酒に農薬が混入され女性5人が死亡した名張毒ぶどう酒事件で、死刑が確定した奥西勝元被告(79)の弁護団は15日、再審開始決定(※[管理人注]今年4月5日 名古屋高裁 小出■一裁判長…■は金へんに"享")に異議を申し立てた名古屋高検の主張に反論する意見書を名古屋高裁に提出した。弁護側は「検察側の異議は抽象的で再審開始決定を曲解した」と批判した。

 再審開始決定が、死刑判決を覆す新証拠と認めた弁護側のぶどう酒瓶の複製を使った開栓実験について、検察側は「証拠物と条件が異なる可能性が高く、再現の正確性に疑問がある」などと異議を唱えたが、弁護側は新たに事件当時と同じ封印から71日目の条件を設定した実験を実施。「(検察側の主張は)いかなる観点からも理由がない」と反論した。(共同通信) - 9月15日

 この毒ぶどう酒事件判決に関する再審までにも、おそろしいほどの時間がかかっています。確定判決を覆すことに対して、慎重に慎重を期したい裁判所の気持ちはわかりますが、生存中に名誉回復の叶わなかった無辜の受刑者が続出している事実も直視する必要があります。

 ここで勘違いしてはならないのは、「自白をただ鵜呑みにするような、こんな誤審は前時代的な裁判が行われていたせいで起こったのだ。あぁ、お気の毒に」というわけではない、ということです。
 弁護人の監視すらなく、密室で行われる取り調べ。その密室で、検察官が被疑者の供述を書きとめた文書の内容を、裁判官は自動的に信用して遠慮なしにバンバン証拠採用していきます。そんな「伝聞例外」という名の原則的取り扱いも含め、誤審の温床ともなりかねない刑事手続の仕組みそのものは、40年前と何も変わっていません。つまり、「無罪の推定」「疑わしきは被告人の利益に」というのは、今も昔も、司法試験の論文で答案の点数を上げてくれる便利な呪文、という意味合いのほうが色濃いのです。

 「人が、今日という日を過ごせたのは、確率が高いだけの偶然にすぎない」という言葉があります。私は明日、クルマに轢かれて、独身のままあの世へ旅立つかもしれません。明日の朝に乗る予定の電車がカーブで脱線して、その犠牲になるかもしれません。また、私は明日、目撃者なき強盗殺人事件のぬれぎぬを着せられて逮捕されるかもしれません。「こやつには、アリバイはあるが金はない。金銭目的の凶行に及ぶ動機は十分だ」と決めつけられれば、刑事訴訟の適正手続きに乗せられて、いずれ死刑判決を受けるでしょう。

 人間が社会的な存在として生きる以上は、その社会から生じるリスクも引き受けなければなりませんね。もちろん司法も、そういったリスクのひとつなのです。
 
 
◆ 日本国憲法 第38条(自白の証拠能力・証明力)
1 何人も、自己に不利益な供述を強要されない。
2 強制、拷問若しくは脅迫による自白又は不当に長く抑留若しくは拘禁された後の自白は、これを証拠とすることができない。
3 何人も、自己に不利益な唯一の証拠が本人の自白である場合には、有罪とされ、又は刑罰を科せられない。

◆ 日本国憲法 第40条(刑事補償)
 何人も、抑留又は拘禁された後、無罪の裁判を受けたときは、法律の定めるところにより、国にその補償を求めることができる。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年6月25日 (土)

新連載? セクシー判事

050625sexy

 く……くだらねぇ。

 この4コマまんがは、ブログを更新できないほど、精神的・肉体的にシンドイ日のために、余裕があるときにあらかじめ書き貯めているものです。これだったら、スキャナで取り込んでアップするだけだから、5分で終了。

 いやぁ、今日は助かった。 ありがとう、セクシー判事!
 今、夜の9時前ですが、もう寝ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月18日 (土)

説諭判事(4コマ)

050618setsuyu

>>> 「パソコンより、人との交際を」 集団自殺裁判で裁判官が説諭 
 ネットの自殺サイトで知り合った男性3人が3月、富山市で集団自殺を図り、1人が死亡した事件で、自らは生き残り自殺幇助(ほうじょ)罪に問われた東京都西東京市の大学生(21)の公判が6日、富山地裁であった。手崎政人裁判官は大学生に「人と関係を持ちなさい」と異例の語りかけをした。

 手崎裁判官は、パソコンが趣味の大学生が特定の掲示板を通じて自殺サイトに接するようになったとの調書を取り上げ、「君はマイナスの情報を拾った。見ることを考え直した方がいい」とした。さらに、「孤立する原因は人づき合いにある。パソコンだけと向き合うのでなく、いろいろな人とつきあうことが君には欠けていた」と語った。

 論告によると、大学生は練炭と七輪2個を用意、3月31日、富山市の常願寺川河川敷で軽乗用車内で練炭に火を付けて3人で自殺しようとし、無職男性を一酸化炭素中毒で死亡させたとされる。検察側は懲役2年を求刑した。 (朝日新聞)



 審理に直に携わった立場として、それぞれの裁判官が言葉に工夫を加えることも結構でしょう。そのことを否定するつもりはございません。なにも、すべての説諭が通り一遍のものである必要はありませんから。

 ただ、現代競争社会の勝ち組、その中でも最上級のレールに乗ることに成功した裁判官たちが、レールから外れてしまった者に向けて、法壇の上から投げかける言葉です。安全圏に座る選良から、国家権力を背景にして一方的に吐かれる説教です。被告人の側からすれば、そのメッセージに反論することすら叶いません。説諭の内容には、各裁判官が十分に責任を持つ必要があるでしょう。

 そんな説諭が、少しでも事件の確信を突き、被告人が今後生きる上での指針となれば、たいへん意義のあることだと思います。決して、自分の言葉や社会的地位に酔うだけのために、若者たちの自殺原因を想像で決めつけるようなものであってはなりません。

 以上、へっぽこライターからの説諭でした。
 
 
◆ 刑事訴訟規則 第221条(判決宣告後の訓戒)
 裁判長は、判決の宣告をした後、被告人に対し、その将来について適当な訓戒をすることができる。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

( 日本全国 マニアック博物館の世界 ) ★『47都道府県これマジ!?条例集』(幻冬舎新書) ★『サイコーですか? 最高裁!』(光文社) ★『ズレまくり! 正しすぎる法律用語』(阪急コミュニケーションズ) ★『罪と罰の事典』(小学館) ★『裁判官の人情お言葉集』(幻冬舎新書) ★『裁判官の爆笑お言葉集』(幻冬舎新書) ★恋の六法全書(阪急コミュニケーションズ) ☆『裁判傍聴マガジン』(イースト・プレス) 『話題』『重大』の判決日程表 【採り上げてくださったメディア】 とほほ権力 ぬれぎぬという理不尽 はじめてのお改憲 らしくない弁護士 正木ひろし クローン人間が誕生したときの法律問題 ニッポン「違法状態」探訪 ニッポン全国 これマジ!?珍部署 ニュース フィクション(架空)世界の法 フジサンケイ「新規参入」騒動 ミラクルニュースの研究 メールマガジンの追補 交通安全 ふしぎ発見! 人権擁護法案の「危険部位」を検証する 出版企画「疑似恋愛で乗り切る受験」 司法浪人いろはガルタ 司法試験挫折後…… 人生再建あれこれ 地方 ふしぎ発見! 地方 ふしぎ発見! ⇒ 珍イベント集 実定法としての皇室典範 文明VS大自然 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 本日の乱暴者 条例で見る“地方の時代” 〔その他〕 条例で見る“地方の時代” (中国・四国) 条例で見る“地方の時代” (中部) 条例で見る“地方の時代” (九州・沖縄) 条例で見る“地方の時代” (北海道) 条例で見る“地方の時代” (北陸) 条例で見る“地方の時代” (東北) 条例で見る“地方の時代” (近畿) 条例で見る“地方の時代” (関東) 死刑という刑罰 法と実態の矛盾 法と生命 法律の種(法案) 法律の芽(新法) 法律家の語録集 法科大学院 ふしぎ発見! 法解釈という名の言葉遊び 泥棒 ふしぎ発見! 私の知らない『原発裁判』の世界 私の知らないマイナー法の世界 第22回 最高裁判事国民審査へ向けて 第20回最高裁判事国民審査に向けて 第21回 最高裁判事国民審査に向けて 自由と正義の三百代言 ― 弁護士 自由業者の行き当たりバッタリ取材旅行 薬物犯罪と芸能界 街で見つけた「なんじゃこりゃ」 裁判ニュースつまみぐい 裁判傍聴録「レペタな私」 裁判傍聴録「レペタな私」〔ダイジェスト版〕 裁判員制度を裁く! 裁判員制度を輝かす 100の改善案 裁判所 このワンダーランド 裁判所が認めた「あたりまえ」 講演・シンポジウムの観覧録 逮捕ニュースつまみぐい 音楽 ( 小学生からわかる 裁判所のつくりかた ) ( 映画「ショージとタカオ」 ) 18禁法律学 4コマまんが