2009年12月10日 (木)

20年前、紅白を出入り禁止になった人が、NHKホールで!

Photo_2 

 札幌から帰ってきた翌日に、長渕剛のライブに行っちゃいました! 熱い!

 

 もう、早くも開演前から、紅白歌合戦の聖地、NHKホールの周りでナガブチ(になりきったファン)がギターをかき鳴らして唄っていますよ。

 
 

Photo_4

 
 
 ほら、ココにも別のナガブチ。

 

Photo_5

 

 小学校来の友人が、筋金入りのナガブチフリークでして、私もその勧めで、かつて「乾杯」~「しゃぼん玉」あたりまでは、さんざん聴いていました。

 広島への修学旅行の車中、カラオケで「花の都大東京~♪」と、空気を読まずに熱唱しておりました。

 しかし、次第にユニコーンとか奥田民生に移行し、最近のナガブチは、パッタリ聴かなくなっていたのです。

 「日の丸を背負う」とか「ヨーソロー」とか…… ナガブチ、なんか変わっちゃったのかなぁと、冷めた目で見ていたのも確かです。

 しかし今回、約30メートルほど離れた場所ながら、ナマナガブチを目の当たりにして。

 ギター1本で3500人のファンを盛り上げてみせるナガブチ……。

 「すげえよ、オレのファン!」

 「オレのファン、ちゃんと撮ってくれよ (DVD収録中のカメラマンに向けて)」

 「オマエらがいるから、オレは走り続けられるんだよ!」

 

 感想。

 


 
 めちゃくちゃイイ!!!
 

Photo_3

 

 6時半から始まり、8時半に終わりの予定だとされてましたが。

 なんのこたない。

 終演は10時まわってました。

 

 ファンのしつこいアンコールに通算4回も応えるナガブチ。

 「おい、オマエら、いい加減にしろ!!」

 可愛いぞ、ナガブチ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

( 日本全国 マニアック博物館の世界 ) ★『47都道府県これマジ!?条例集』(幻冬舎新書) ★『サイコーですか? 最高裁!』(光文社) ★『ズレまくり! 正しすぎる法律用語』(阪急コミュニケーションズ) ★『罪と罰の事典』(小学館) ★『裁判官の人情お言葉集』(幻冬舎新書) ★『裁判官の爆笑お言葉集』(幻冬舎新書) ★恋の六法全書(阪急コミュニケーションズ) ☆『裁判傍聴マガジン』(イースト・プレス) 『話題』『重大』の判決日程表 【採り上げてくださったメディア】 とほほ権力 ぬれぎぬという理不尽 はじめてのお改憲 らしくない弁護士 正木ひろし クローン人間が誕生したときの法律問題 ニッポン「違法状態」探訪 ニッポン全国 これマジ!?珍部署 ニュース フィクション(架空)世界の法 フジサンケイ「新規参入」騒動 ミラクルニュースの研究 メールマガジンの追補 交通安全 ふしぎ発見! 人権擁護法案の「危険部位」を検証する 出版企画「疑似恋愛で乗り切る受験」 司法浪人いろはガルタ 司法試験挫折後…… 人生再建あれこれ 地方 ふしぎ発見! 地方 ふしぎ発見! ⇒ 珍イベント集 実定法としての皇室典範 文明VS大自然 日記・コラム・つぶやき 書籍・雑誌 本日の乱暴者 条例で見る“地方の時代” 〔その他〕 条例で見る“地方の時代” (中国・四国) 条例で見る“地方の時代” (中部) 条例で見る“地方の時代” (九州・沖縄) 条例で見る“地方の時代” (北海道) 条例で見る“地方の時代” (北陸) 条例で見る“地方の時代” (東北) 条例で見る“地方の時代” (近畿) 条例で見る“地方の時代” (関東) 死刑という刑罰 法と実態の矛盾 法と生命 法律の種(法案) 法律の芽(新法) 法律家の語録集 法科大学院 ふしぎ発見! 法解釈という名の言葉遊び 泥棒 ふしぎ発見! 私の知らない『原発裁判』の世界 私の知らないマイナー法の世界 第22回 最高裁判事国民審査へ向けて 第20回最高裁判事国民審査に向けて 第21回 最高裁判事国民審査に向けて 自由と正義の三百代言 ― 弁護士 自由業者の行き当たりバッタリ取材旅行 薬物犯罪と芸能界 街で見つけた「なんじゃこりゃ」 裁判ニュースつまみぐい 裁判傍聴録「レペタな私」 裁判傍聴録「レペタな私」〔ダイジェスト版〕 裁判員制度を裁く! 裁判員制度を輝かす 100の改善案 裁判所 このワンダーランド 裁判所が認めた「あたりまえ」 講演・シンポジウムの観覧録 逮捕ニュースつまみぐい 音楽 ( 小学生からわかる 裁判所のつくりかた ) ( 映画「ショージとタカオ」 ) 18禁法律学 4コマまんが