2009年6月16日 (火)

【法廷傍聴】 新パターン?の振り込めサギ

 昨日傍聴した刑事裁判より。

 

 いわゆる“振り込め詐欺”を実行したとして起訴された、被告人の男。

 

 振り込め詐欺の典型的パターンといえば、

  ・ 身内の者を装って電話をかけ、「交通人身事故を起こした」などとして、損害賠償金を立て替えてほしいと頼み込み、警察官役や弁護士役の者も絡めて電話口に出させ、信用させる。

  ・ 有料アダルトサービスを利用したと因縁を付けてきて、利用料を振り込むようメールを送ってくる。

 ……といったところでしょうか。

 本件での被告人は、ある女性宅に電話をかけ、息子を装い「会社の同僚に、株式投資を勧められて、200万円借りたんだけど、20万円しか返せない。残り180万円を払って」と要求したそう。

 180万円が振り込まれたことをいいことに、同じ女性に再び電話をかけ、さらに50万円を振り込むよう要求したところ、さすがにバレて警察に通報されたという顛末です。

 しかも、この被告人は、ある男にそそのかされて本件犯行の実行に及んだとのこと。

 詐取金は、ほとんど手にできてないようです。もちろん、それでも共犯として弁償義務があります。

 

 窃盗の前科で、執行猶予期間中だった被告人。

 本件によって刑務所に収容されるのは確実。

 

母親が情状証人として出廷し、「生活は苦しいけれども、被害弁償をしていく」と話す様子に、なんと自分は親不孝ものだと思い知り、感極まったのか、被告人は顔や目を真っ赤に腫らしていました。

 被告人は、本件被害者の女性にたどりつくまで、700人ほどに電話したといいます。あまりにも効率の悪い「稼業」ですね。

 「株式投資で借金」では、あんまり切迫感がない感じもしますし、「自分の息子はムチャをしない」と心得ている親なら、真っ先に怪しむ話かもしれません。

 もちろん、だまされるほうより、だますほうが断然悪いのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月12日 (金)

無罪主張のチカン裁判 & 司法浪人ジョーク集

 今日は、被告人の男性が、一貫して無罪を主張しているチカン容疑の裁判を傍聴。

 「満員電車内での人違い」を主張していて、まさに映画『それでもボクはやってない』を地でいく内容です。

 一説には、チカンの8割以上は、手慣れた常習犯によるしわざだといわれます。 もし、本当に人違いで、常習犯が関係ない乗客に犯行をなすりつけたとしたら、極めて憎らしい話です。

 

 証言のために法廷へやってきた女子高校生。

 満員電車で、自分の左前に立って、たびたび前腕部を胸に押しつけてきたという男が、その直後、スカートの中に手を入れてきた犯人と同一人物に違いないと考えて、彼の腕などをつかみ、チカンの犯人だと申告したそうです。

 でも、法廷にいる限り、その状況は客観的にはわからない。 彼女から当時の状況について、話を聞きながら、想像で把握するしか有効な方法はありません。

 いくら真実の解明のためとはいえ、検察官や弁護人からの質問により、「パンツ」「陰部」などの言葉を、法廷でたくさん繰り返し言わされて、正直かわいそう。

 それに、なんと去年の5月に起こったチカン事件とのことで、被害者の女子高校生も、記憶が相当薄れている模様です。

 ところどころ断言的に証言した内容が、事件直後の供述と矛盾していたりして、証言をすればするほど、彼女も自信を失いつつあるように感じましたね。

 「たぶん、そのときに魔が差してしまったのだと思うので、普通の処罰でいいです」と、遠慮がちに処罰感情を話していました。

 

 いかがなものかと思ったのは、弁護人からの質問。

 「あなたは自分で、チカンに遭いやすいタイプだと思いますか?」とか「どんな制服を着ていましたか?」など、明らかに不要でセクハラまがいとも取れる質問をしていて、裁判官から厳しく注意を受けていました。

 被害者の女性は、過去にもチカンに遭った経験があり、そのときは「わざとやっているのか確信が持てなかった」として、泣き寝入りしたのだそうです。

 そのせいで、「今度こそ、チカンを捕まえてやる!」という気負いや焦りのようなものを潜在的に持っていたとしたら、本件の被害を受けている最中「チカンはイヤだ」「絶対に捕まえる」ということに気を取られて、「本当にその人が犯人なのか」という認知が二の次になった可能性がある。

 ……きっと、弁護人は、そういう点を確認したかったのではないか、と、私は傍聴席で思いました。

 

 完全否認事件ということで、担当裁判官は、とても慎重に審理を進めている印象を受けましたが、ああいった発言で、被告人サイドの心証が悪くなってしまった可能性があります。

 まだ審理の最中ですので、詳しい裁判傍聴録の公開は、また別の機会に。

 

 

弁護士ジョーク

 初めのほうに載っている「リスと弁護士の違い」という小話は、わりと知られている感じですかね。

 いくら何でも、弁護士が気の毒すぎです。

 とにかくアメリカで、弁護士(ローヤー)という職業人は「守銭奴」「詐欺師」まがいの、尋常でない嫌われ方をしているということがわかります。

 一方で、アメリカ大統領は、ほとんどが弁護士資格者(ロースクール出身者)ですから、弁護士であることは、社会的評価を構成する必要条件のひとつだともいえそうです。

 ただ、日本人に、アメリカの弁護士ジョークはピンと来ません。

 国内で弁護士という職業は、なんだかんだでまだまだ、難しい国家試験を突破しているスーパーエリートの代表格とみなされており、多かれ少なかれ一目置かれる存在だからです。

 裏を返せば、弁護士という職業に対して、良くも悪くも、特定の強烈なイメージが世間で共有されていないんですね。

 

 むしろ「司法浪人ジョーク集」という類のものなら、作りやすいかもしれません。

 「平日の昼間にウロウロして怪しい」「人生泥沼」「人と向き合うより、紙と向き合うほうが気楽」など、いろいろと、病的な要素が目白押しなので。

 「司法浪人の爆笑ジョーク集」を、もし作ったら、世間で読んでいただけるものなんでしょうかね?

 

 司法浪人、哀愁の一句!

 

 勉強を してもニートと 紙一重

 

 本当は 受験が苦手な 塾講師

 

 今日もまた 曜日の感覚 見失い

 

 プライドと 模試の得点 反比例

 

 恋人を 待たせ愛想を 尽かされて

 

 母の日に 落ちる浪人 親不孝
 (※第一関門であるマークシート試験は、毎年5月第2日曜に行われてます)

 

 予備校の 講義と幻聴 聞こえるね

 

 冬の夜 パソコン裏の ぬくもりよ

 

 おめでとう 今年も後輩 受かったね

 

 青春を つぶした代償 就職難

 

 ……いやぁ、いくらでも書けちゃいます。 スラスラ書けすぎて、パソコンの文字が涙で見えなくなりそうです。

 司法浪人なら、友人の友人や、遠い親戚に思い当たる人物がいたりする厄介者ですから、なんとなくのイメージは持てるかなと思います。

 

 法曹関係者や挫折経験者だけに絞ったら、対象が狭すぎますが、

 「夢を持ち続けることの、素晴らしさと見苦しさ」「司法試験と就職活動の板ばさみ」「好きな道で頑張っているはずなのに、毎日胃が痛い」など、ほかのジャンルで頑張ったり悩んだりしている方にも、広く人生の示唆に富む(ホントか?)内容だと思うんですよね。

 ただ、これからの主流である新司法試験では、「5年以内に3回落ちたらアウト」というルールなので、長年ひどく浪人をこじらせる事態は絶滅してしまいますけどね。

| | コメント (0)

2009年5月11日 (月)

被告人TKに有罪判決

20090511091322 20090511082106_2

 

 ま~~たまた、傍聴券の抽選に外れてしまいました。

 ちくしょーい! 大阪でも、くじ運の悪さは一緒かーい!

 どうやら、おととしに「爆笑お言葉集」を上梓した時点で、だいぶ人生の運を使い果たしてしまったようですな。

 もし、抽選番号が5番ずれてたら当たってました。

 あと1分ぐらい遅く起きて、1分遅く行列に並んでたらよかったんかな。

 そげんこと書いたっちゃ、仕方なかばってん。

 

 次に、こういう耳目を集める裁判があるとすれば…… 例の秋葉原の事件ですかね。

 昨年夏の段階で起訴されましたけれども、精神鑑定などで、いろいろと長引いているみたいです。

 6月22日に、ようやく第1回の公判前整理手続きが行われるようですから、そのときに、初公判の日とか判決期日まで決まる可能性があります。

 

 報道によると、音楽プロデューサー小室哲哉氏に、懲役3年、5年間の執行猶予の判決が出たそうですね。

 執行猶予は懲役3年以下でないと付けられませんし、執行猶予期間の上限は5年間ですから、実刑スレスレの執行猶予判決、ということがいえそうです。

 裁判長は、アノ杉田宗久さんでしたから、被告人TKに握手を求めて「がんばりや」と声をかけることも期待されたのですが、残念ながらそういう情報は入ってきておりません。

 中学校のとき、リアルにTMネットワーク聴いてましたからね。「Get Wild」を最初に聴いたときは衝撃的でした。

 今は、中田ヤスタカとPerfumeのおかげで、テクノポップブームですから、わりと近いところにあるTKサウンドの復活も、ありえなくはないですね。

 

 もちろん、大物は逃しても、一般の刑事裁判は観てきました。

 自動車運転過失傷害の事件。被告人は60歳代の男性。同居する妻が精神疾患にかかり、義母の介護の負担もあるということで、いろいろと考え事をしながら普通乗用車を運転。

 上り坂でスピードをあげてしまい、横断歩道を横断中の歩行者に気づくのが遅れ、はねてしまい、下半身不随の重傷を負わせてしまいました。肘から下も動かなくなってしまったようです。

 被告人には20年前にも、同様の前科がありました。夜間に残業していて、居酒屋で夜食をとり、そのときについ酒を飲んでしまい、クルマで会社へ戻る途中に居眠りして、人をはねたとのこと。

 そのことへの深い反省もあったのでしょう。被告人は今回、被害者が入院する病院へ、毎日見舞いに行ったそうです。事故直後は、被害者自身とは面会できませんでしたが、その家族とは顔を合わせて謝罪を続けます。「もう、クルマには乗りません」とも誓いました。

 被告人は対人無制限の任意保険に入っており、入院治療費は保険でまかなえましたが、加えて個人的に10万円を包み、見舞金として持って行っています。被害者からはその受け取りを拒否されました。

 約2週間後、家族から「気持ちはわかりましたから、毎日病院に来なくていいですよ」といわれ、それからは1~2週間に1度のペースにはなったものの、被害者や家族からは、その誠実な謝罪の気持ちが伝わったようです。

「わざとやったことではないのだし、重い処罰は求めません。関係機関に任せます」と、被害者本人から寛大な言葉を得て、減刑嘆願書も作成されました。

 被告人自身も、肝臓ガンの疑いがあって入院する必要があったのですが、自分の裁判が終わるまでは入院を拒否し、償いを優先させたのです。

 「すみません」は、言葉よりも態度で示さなければならないという、いい見本なんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

サイバンに飢えた男が、徳島より愛をこめて 【2月2・3週】

 きのうから、四国・徳島地裁で傍聴をしてるんですが…… お目当ての裁判官に、お目にかかれずじまいでですねぇ。

 それなら他を傍聴していれば済む話なのですが、なにせ裁判そのものの数が少ないのです。 今日の刑事事件は、地裁でゼロ。 簡易裁判所のみで、「審理」1件と「判決」2件。

 10時からあった審理は、キャッシュカードの窃盗など余罪が40件ぐらいある男の続審らしく、とりあえず追起訴ぶんの起訴状3件を朗読して、10分程度で終わりましたね。 ふと時計を見たら、時刻は案の定、10時10分でした。

 裁判が少ないということは、犯罪や揉め事も少ないということで、本来は喜ばしいことなのですが、なぜかナミダが止まらない。

 

 なぜ私は、徳島の平和を素直に喜べないのだろう。 情けない。 さらにナミダがあふれてきます。

 ナミダがこぼれないように、上を向いて歩きつつ、仕方がないので、近所の図書館に行ったら、なんと火曜日に休館!? 徳島というところは、どうしてこうも、私にイタズラばかりするのでしょう。

 

 今回、徳島まで来たのは……

 も、もしや、ムダ足!?

 あーあ、書いちゃった。 うすうす感づいてたコトを書いちゃった。

 まぁ、明日があるさ。

 それにしても、なにが悲しくて、昼の1時半にホテルに戻らなきゃいけないのだろうか。 生まれながらにして周りから浮いてる私でも、さすがに少し恥ずかしいわ。

 そうか! たまってる原稿を、もっともっと書き進めろってことか! なるほど! えらい事実に気づいてしまった!

 

 木曜日からは神戸地裁の傍聴をする予定でしたが、こんな調子だと、金曜の朝に早起きして、徳島へ再び舞い戻るかもしれません。 いや、舞い戻らざるをえまい!

 

168  

 これは、先週滞在していました、富山市内の様子ですね。

 すごくキレイでしょ、雪化粧した富山城。

 シャッターを押す私の右手指は、寒さで真っ赤でございました。

 小さい折りたたみ傘をさす私にめがけて、ほぼ真横から雪に打たれ、足元をすくわれるなか、なんとか裁判所までたどりついても……

 やはり「あれあれぇ? こんなもん?」ってことが続きました。

 裁判所より、図書館のほうが長居したなぁ~。(しみじみ)

 前回の「お言葉集」でご紹介した手崎政人裁判官ですが、実際に現地取材してみると、ちょっとイメージとは違いましたね。 どうやら、小さな事件の被告人にまでコンコンと諭すようなタイプではなさそう。

 

171  

 裁判員制度のマスコットキャラの、おもいっきり中心を外しているヘタクソ写真です。

 沖縄がシーサーなら、富山は雷鳥がモチーフ。

 徳島は…… そういえば、裁判所庁舎の表に出ていませんでしたねぇ。 明日、意識して探してみます。

 それにしても、沖縄に続く取材成果がなかなか出せませんねぇ。

 開廷表をチェックし、今日もお目当てを外したと気づくたびにロビーで慟哭し、毎晩のようにマクラをぬらし、そろそろナミダも枯れ果てそうですが、めげずにガンバです!

 仕方がないので、だいぶ前に観た裁判についてメモしておきますね。

 

■ とある覚せい剤使用事件 〔2月4日 東京地裁〕

 被告人は、曹洞宗の由緒ある寺院の三男。 僧籍ある身だが、修行に耐えられず脱走したこともあるという。やくざと知り合い、いったん覚せい剤の味を知るも、ふたたび寺に戻り、コンピュータの専門学校に通ったこともあった。しかし、これも長くは続かなかった模様。

 「調理師を目指す」ということで、また上京したが、本件犯行におよんでしまった。 再犯である。

 父親は元公務員の住職。 袈裟を羽織るなど、お坊さんとしての正装で情状証人として出廷。

 被告人は実の息子だが、弟子にした時点で親子の縁を切っているのだという。

 ゆったりとした口調で弁護人からの質問に答えるも、裁判システムが求めるような合理的で短い回答ではないため、裁判官から繰り返し注意を受けてしまう。

 

 弁護人「被告人、息子さんは、証人の課す修行が厳しくて出て行ったのではないですか」

 証人 「修行はすでに終えているのです!」

 弁護人「では、その後のお務めが苦痛だったのではありませんか」

 証人 「苦痛ではありません」

 弁護人「調理師になることには賛成してらっしゃいましたか」

 証人 「反対をしておりました」

 弁護人「ご家族みんな反対だったのですか」

 証人 「私のみ反対しておりました」

 弁護人「被告人の調理師学校の費用は、どなたが出したんですか」

 証人 「私が出しました」

 弁護人「お父さんが100万円出したのですか」

 証人 「そうです」

 

 つづいて、裁判官からの補充質問。

 裁判官「裁判所としてはですね、被告人、息子さんが二度と覚せい剤を使ったりしないよう、指導監督をしていただけるのか、そこが気になるのですが、いかがですか」

 証人 「裁判長は……、よくわかっておられないようですが、師匠の言うことは絶対なのです。 弟子にとって独裁者のようなものなのです」

 裁判官「もし、被告人が、証人の言うことを聞かないようなことがあれば、どうしますか」

 証人 「聞かなかったら、破門です」

 裁判官「そういうふうに二者択一を迫るところが、息子さんを追い詰めていったのではないですか」

 証人 「そんなことはありません。師匠と弟子とは、そういうものなのです」

 裁判官「被告人が東京にいるときの動向というのは、知っていましたか」

 証人 「私どもは、父と子という縁は切っているものです。出て行った後も、うちの者と連絡は取り合っていたようですが、学校に通っているかですとか……」

 裁判官「お父さんは、息子さんの動向は知らなかったのですか。 イエスかノーで」

 証人 「ノーです」

 裁判官「では、奥さんからある程度聞いて知っていたと、そういうふうに聞いておきますね」

 証人 「仏門に戻るということであれば、私は受け入れるつもりです」

 

 仏門の絶対的存在と、刑事法廷の主宰者…… まさに竜虎相打つという感じで、いずれも一歩も譲る気配が見られなかった。

 その迫力に押され、直後の被告人質問が完全に霞んでしまった。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

気になった裁判ダイジェスト【1月5週】

■ とある窃盗事件 〔1月29日 東京地裁〕

 

 刑務所を出た翌日に自転車を盗んだという、身寄りなき50代の男。

 当時の所持金は約3500円。犯行動機について「遠距離を移動するのに荷物を運ぶために盗った。自転車はゴミだと思っていた」と供述。

 どの程度の荷物なのか問われ、「ボストンバッグを1個」と答えたため、「それは着替えの類ですか? じゃあ、2~3キロといったところですね」と裁判官にツッコまれる。

 弁護人からの質問には、マジメそうに答えている。決して刑務所に入りたい目的で盗んだのではなく、保護会に行って働こうと思っていると何度も繰り返す。

 一方、検察官からの反対質問に対しては、ぶっきらぼうな口調に。「前刑のときに、工場長が残業代払ってくれなかった」と、本件と関係ないことを繰り返し。「その弁解はもう終わりね」と、たしなめられる。

 どんな仕事に就くのか? という質問には「向いている仕事があればやりたい」と答えるも、今までの人生でまともに続いた仕事は無い模様。

 【 被告人の最終陳述 】
  「まず、工場長が残業代払ってくれなかったのが、今でも納得いってないこと、そして、裁判長が刑務所に入れるつもりなら、こんどは沖縄の刑務所が良いです」

 

 

■ とある窃盗事件  〔1月30日 東京地裁〕

 スーツ姿の34歳の男が出廷。自信ありげな立ち振る舞いで、えらく歯切れよいハキハキした口調。 会社員であるというが、電車内(東京メトロ東西線)でスリをはたらいて捕まっている。

 車内の座席に座っていると、前に立っていた若い女性のカバンから、財布がのぞいていたため、隙を見て抜き取ったのだという。

 被害女性が気づき、「財布がない!」声を上げると、被告人は「みんな足を上げて、下を探して」と指示しながら、急に次の駅で下車。

 女性が追いかけ、駅員を呼ぶが、とたんに暴れだし、その駅員に対して、柔道技の大外刈りをかけて転倒させ、めがねを壊すなどする暴行。強盗罪に切り替えられていてもおかしくない事件である。

 暴れたことについては「あまり覚えていない」といい、大外刈りについては「ケガを負わせるつもりはなかった。 柔道の心得があるので、しりもちをつかせる程度に調整した」と主張したため、検察官から「記憶がないほど暴れていたのに、そこだけ冷静だったんですか?」と、矛盾を指摘される。

 犯行動機については「妻が難病にかかって心配だった。職場では昼メシも食べられない忙しさで、しかも経済的に困窮していた。自分の弱さに勝てなかった」と供述。

 しかし、検察官から、東京近郊にマンションを購入しており、200万円の自家用車も売り払っておらず「それで困窮するのは当然ですよね」と指摘され、返答に詰まる場面も。

 被害弁償もしておらず、めがねを割った駅員に謝罪すらしていないことについて、「保釈条件である『東西線の利用禁止』が切れてから行こうと思っていた」とテキトーに答えたため、「別に地下鉄でなくても、クルマで行けばいいでしょう」と、さらにツッコまれていた。

 【 被告人の最終陳述 】
  「私、思いますに、もう一度、私に再スタートのチャンスを与える判決をくださってもいいのではないかと思います(涙)」

 

 【 即日判決 】
  懲役1年6カ月 (4年間の執行猶予)

 

 裁判官 「あなたの法廷での話を信じて、執行猶予の判決としました」

 

======================================================================

 閉廷後、一般待合室で座っていると、執行猶予を言いわたされたばかりの被告人が、弁護人とともに入ってきた。

 弁護人 「ふつう、相場は執行猶予3年だよ。 4年にしたのは、実質的に処罰する意図だね」

 被告人 「ホントですよね。 あの裁判官、ひどいですよ! 『私はケンカするときは、いつも冷静なんだ』って検察官に反論しようと思ってたんですけど、言っとけばよかった」

 

 私はただ傍聴していたにすぎない立場だが、えらく傷つけられた気もした。 あの被告人は、妙に演じたり強がったりしていたのが鼻についたが、あそこまで露骨に「たねあかし」をされると萎える。

 刑事裁判の法廷で、虚勢を張ったり演技をしたがる人間は いったい全体の何割ぐらいいるのだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

気になった裁判ダイジェスト 【1月4週】

144_2

 いくら裁判員制度に反対していても、このシーサーの屈託ない笑顔にやられちゃう人も多いんじゃないですかね。

 私も決して同制度には賛成しておらず、「今のまんまじゃ混乱するぞぉ! ホントにやるのかぁ?」と思ってますが、癒し系シーサーを前にして、ついつい振りあげた拳を下ろしてしまいます。 もともと別に振りあげてないけど。

 このところ、裁判員制度が導入されることをきっかけに、不十分ながらも新しい仕組みが日本の刑事裁判にどんどん導入されています。

 公判前整理手続きや取り調べの可視化などは、個々単独では導入され得なかった制度かもしれません。 裁判員制度も、その限りでは、いわば「オトリ」的な成果があるのではないでしょうか。

 

 私は今週、月曜から木曜まで、那覇地裁に通い詰めてました。青森・宇都宮に続く、お言葉集の第2弾に関する取材の一環でして、某お目当ての裁判官による裁判を直接見てみようと思ったからです。

 たしかに各裁判官の担当曜日は決まってますが、具体的にその日に裁判が開かれるかどうかは、大都市の裁判所でもない限り、一種の賭けです。東京地裁と違って、翌日以降の開廷表を見せてもらえないもので、毎朝直接来てみるしかないんですよね。

 総務の人に問い合わせするにも、「この裁判の法廷は?」という問い合わせならイイでしょうが、「この裁判官は、いつ裁判やりますか?」という問い合わせ方は、なんだか先方に怪しまれそうですしねぇ。 当人に変な警戒をされたら、裁判の様子を取材する意味が無くなりますし。

 今回、月曜・火曜と連続で外したときにゃあ、さすがに「どうしようか」「突然の人事異動でもあったか」と不安になってましたが、水・木で、たっぷり拝見することができましたよ。

 ひととおり、沖縄における取材の成果が出たので、明日は遊びに行こうと思ってます。もちろん単独行動で。

 

=======================================================

 

■ とある強制わいせつ 〔1月21日 那覇地裁〕

 被告人は24歳の男。職業は保育士。大学卒業後、保育士を目指して専門学校に入り直すという、そこだけ見るとかなり志の高い人間に見えます。見た目も穏やかそうです。

 その専門学校で知り合った友人(彼氏あり)を含め、数人で居酒屋で飲んでいて、「ゲームに負けた人はキス!」と持ちかけた被告人。場の全員が白けて、家路に就こうとしていたにもかかわらず、「まだゲームは終わってないからね」と、女性に対して胸をもむなどの乱暴を行ったといいます。

 今まで酒で失敗したことがないという被告人。だとしたら、本件は酒が原因でなく、その女性に対する横恋慕が強すぎたということでしょうか。

 情状証人として、厳格そうなお父さんが出廷。被告人と同居しているそうですが、在宅で起訴されていたため、起訴状が届くまで事件に全く気づかなかったと激怒していました。

 職場である保育園にも事件は知られていないそうで、被告人が「バレたらクビになると思います」と答えていたのが不思議でした。バレずにやりすごすことなんか可能なのか?


■ とある道路交通法違反 〔1月23日 那覇地裁〕

 無免許運転で起訴され有罪判決を受けるも、量刑が重すぎるとして控訴。その控訴審で裁判が続行していた間に、またも無免許で捕まるという、あきれた事件です。

 情状証人の母親は「優しい子なんです」と息子をフォローしていましたが、「いくら優しくても無免許で運転していいわけがないです。もっと厳しく監督してもらわないと」と裁判官。


■ とある窃盗 〔1月23日 那覇地裁〕

 被告人はバイクを盗んだ20歳の男。元不良で、3度の補導歴。少年院に送られたこともあるようです。身動きひとつせず座っています。

 奥さんが情状証人として出廷していましたが、どうやら今まで被告人の言いなりで生活してきた感じで、監督者としては心もとない印象。

 裁判官が「あなた、旦那さんの様子をちゃんと見てますか? この裁判の前、朝ご飯や昼ご飯を普通に食べていました? 食事がノドに通らないという感じありました?」と、監督能力をさぐる質問をしていました。

 被告人質問で、弁護人が「あなたの奥さんが、傍聴席で泣いてますよ。奥さんは全然悪くないのにね」と告げると、被告人の堂々とした態度が少しずつ崩れていきます。

 さらに裁判官が「あなたには、どうしようもない盗癖があるようですね。こういう公開裁判は初めてと思いますが、今までの保護処分とは違いますよ。あなたに責任を取らせるため、あなたを刑務所に入れるかどうか審理をしてるんですよ」と話しかけるにつれ、被告人に少し動揺の色が見えたような気がしました。

 「裁判は機械的に進められるもの」と思いこんでいると、面食らってしまうかもしれません。


■ とある道路交通法違反 〔1月24日 那覇地裁〕

 呼気中アルコール濃度0.61ミリグラムという、悪質な酒酔い運転事件。ここで出廷した情状証人の奥様は対照的で、「今度やったら離婚します」と言ってました。

 那覇地裁で、飲酒運転の裁判は4件見ましたけど、どの冒頭陳述でも「泡盛○杯」と読み上げられるところなんて、お国柄が見えますね。

 
 

145

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

気になった裁判ダイジェスト【1月3週】

 今年から、このブログで裁判傍聴録を取り上げてまいりたいと思います。

 かつて配信していたメールマガジンみたいに、法廷で起こった出来事の完全再現を目指そうとしたら、まっさきに自分が潰れてしまいます。

 たぶん、世間様からも求められてないかなと感じましたので、空気を読んで、エッセンスのみ、オイシイところだけを拾い上げてまいります。

 

 

■ とある建造物侵入 〔1月16日 東京簡裁〕

 パチンコ玉を持ち込んでパチンコ屋に入店し、タダで打とうとしていたところを逮捕されたという事件。

 違法な目的を抱いて入れば、たとえ営業中の店でも侵入罪が成立するわけです(万引きが典型)が、こういうバリエーションがあったとは、勉強になります。

 被告人は20代の男。無職ですが、いろいろ職に活かせる資格を持っているみたいなんですね。根はマジメなようです。ハッキリした口調で反省の弁を繰り返し述べていました。

 私は、パチンコをまったくしたことがなく(友人の付き合いで、店内に入ったことなら1度ありますが)、あいにく事情がわからないんですけど、そのパチンコ店の玉は1個4円がレートらしいんですね。

 一方で、中国人から買い受けたというパチンコ玉は1個2・5円。それを500個買って持ち込み、差額でトクしようとしたという、なんともみみっちい事件です。

 「持ち込んだパチンコ玉を台で打つより、最初から機械に入れて換金したほうが早いのでは?」と、検察官から真っ当な質問が出てましたが、被告人の彼は「監視カメラもあるし、バレるのが怖かったです。遊んで増やせたほうが気がラクだと思いました」と答えています。

 根っからのワルじゃないんです。 ラクして儲けたかっただけなんでしょう。

 共犯者がもう一人いる関係で、こちらの裁判では一部の写真証拠がコピーで出されていました。特に、店の壁に貼られていたという「パチンコ玉の持ち込み禁止」の張り紙の文字が小さく、判読しにくかったようで。

 そこで、竹澤宏之裁判官がひとこと。

 「裁判所は目が悪いので、よく見えないんですよね」

 なるほど、そういうパターンもあるわけか……。 (あまりピンと来ない方は「裁判官の爆笑お言葉集」の30ページを参照してください)

 

 

■ とある覚せい剤所持・使用 〔1月17日 東京地裁〕

 なんと、覚せい剤使用事件で、5人の大弁護団が組まれていました。しかし、発言したのは主任の1人だけ。 えーと、残りは見学?

 過去に2回、覚せい剤で捕まっていて、服役前科もあるという被告人。1回目は16年前、「なんとなく」使ってしまったようですが、その後に阪神淡路大震災が起き、当時の奥さんと子どもさんを亡くして、「もう死んでもいい」と自暴自棄になってしまったとのこと。

 その頃知り合った暴力団関係者から勧められ、再び禁断の粉に手を染めたというのです。

 

弁護人 「ところで、今日が何の日かわかりますか?」

被告人 「はい。 地震から13年目の日です」

 

 情状証人として、内縁の妻が証言。「前科があるとは聞いていたが、ケンカして捕まったとしか聞いておらず、裏切られた気持ち。ですが、私が責任をもって必ず更生させます!」と、涙ながらに力強く訴えていました。

 「なぜ内縁関係なのか?」という検察官からの質問に対しては「13歳の息子が少年剣道をしていて、将来はおまわりさんになりたいと言っているので、身内に前科がある人がいてはいけないと思ってのこと」と説明していました。やはり、そういうもんなのかと。

 被告人自身も「保釈で家に帰ってきたとき、ふたりの息子が飛びついて喜んでくれた。最初は息子も目を吊り上げて荒れていたようなんですが、子どもって怖いなというのと同時に、凄いな、ここまで父親の影響力というのは大きいのかと思いました。自分……父親がいなかったので、今回のことで思い知りました。これからは第一に家族、第二に自分、第三に仕事を頑張っていきたい」と述べており、具体的な決意が見えた気はしましたね。

 たまたまその直前に、違った「父親の影響力」パターンを、別の裁判で観ていたのです。

 情状証人として出廷していた父親が「これからは息子とコミュニケーションをとっていきたい。具体的にはスポーツや芸能の話とか」と答えていたため、検察官から「そんな世間話が立ち直るきっかけにつながるんですか? 息子さんの内面とは関係ない話じゃないですか」とツッコまれてました。

 それに対して「今だと、野球のキャンプの話なんかして、『みんなこんなに頑張ってるんだ。一般人も頑張らなきゃいけないよな』と励まして、息子と一緒にハローワークに行って仕事を探そうと思っています」などと釈明してしまう始末。

……息子さん、30歳ですよ。

 やはり、子どもが社会で生き抜く知恵を身につけるには、人生の指針としても、障壁としても、父親の存在が大きいんだろうなぁと思いました。母子家庭なら、母親が父の役割を演じる覚悟もできているかもしれませんが、ヘタに両親が揃っていれば、なにかと油断する場合があるんでしょうか……。

 なので、「情状証人から見る家族」なんていう企画もアリなのかなぁと思ってみたり。

 なんだか時期的に、新発売の「親の品格」とカブりますけど、ああいう抽象的な品格論は、ご年配の方にお任せして、私は情状証人の言動に注目しつつ「親のあり方」「夫・妻のあり方」「隣人のあり方」などを探っていくヒントになりうる、変則的な裁判傍聴録が出せればなぁと。

 簡単に言えば「情状証人お言葉集」ですね。

 もちろん、どなたか、この企画をパクってくださっても結構です。その際はご一報くだされば、私は執筆に向けての準備を止めて、完成を楽しみにお待ちすることにします。一読者として、とても読んでみたいので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

( 日本全国 マニアック博物館の世界 ) | ★『47都道府県これマジ!?条例集』(幻冬舎新書) | ★『サイコーですか? 最高裁!』(光文社) | ★『ズレまくり! 正しすぎる法律用語』(阪急コミュニケーションズ) | ★『罪と罰の事典』(小学館) | ★『裁判官の人情お言葉集』(幻冬舎新書) | ★『裁判官の爆笑お言葉集』(幻冬舎新書) | ★恋の六法全書(阪急コミュニケーションズ) | ☆『裁判傍聴マガジン』(イースト・プレス) | 『話題』『重大』の判決日程表 | 【採り上げてくださったメディア】 | とほほ権力 | ぬれぎぬという理不尽 | はじめてのお改憲 | らしくない弁護士 正木ひろし | クローン人間が誕生したときの法律問題 | ニッポン「違法状態」探訪 | ニッポン全国 これマジ!?珍部署 | ニュース | フィクション(架空)世界の法 | フジサンケイ「新規参入」騒動 | ミラクルニュースの研究 | メールマガジンの追補 | 交通安全 ふしぎ発見! | 人権擁護法案の「危険部位」を検証する | 出版企画「疑似恋愛で乗り切る受験」 | 司法浪人いろはガルタ | 司法試験挫折後…… 人生再建あれこれ | 地方 ふしぎ発見! | 地方 ふしぎ発見! ⇒ 珍イベント集 | 実定法としての皇室典範 | 文明VS大自然 | 日記・コラム・つぶやき | 書籍・雑誌 | 本日の乱暴者 | 条例で見る“地方の時代” 〔その他〕 | 条例で見る“地方の時代” (中国・四国) | 条例で見る“地方の時代” (中部) | 条例で見る“地方の時代” (九州・沖縄) | 条例で見る“地方の時代” (北海道) | 条例で見る“地方の時代” (北陸) | 条例で見る“地方の時代” (東北) | 条例で見る“地方の時代” (近畿) | 条例で見る“地方の時代” (関東) | 死刑という刑罰 | 法と実態の矛盾 | 法と生命 | 法律の種(法案) 法律の芽(新法) | 法律家の語録集 | 法科大学院 ふしぎ発見! | 法解釈という名の言葉遊び | 泥棒 ふしぎ発見! | 私の知らない『原発裁判』の世界 | 私の知らないマイナー法の世界 | 第22回 最高裁判事国民審査へ向けて | 第20回最高裁判事国民審査に向けて | 第21回 最高裁判事国民審査に向けて | 自由と正義の三百代言 ― 弁護士 | 自由業者の行き当たりバッタリ取材旅行 | 薬物犯罪と芸能界 | 街で見つけた「なんじゃこりゃ」 | 裁判ニュースつまみぐい | 裁判傍聴録「レペタな私」 | 裁判傍聴録「レペタな私」〔ダイジェスト版〕 | 裁判員制度を裁く! | 裁判員制度を輝かす 100の改善案 | 裁判所 このワンダーランド | 裁判所が認めた「あたりまえ」 | 講演・シンポジウムの観覧録 | 逮捕ニュースつまみぐい | 音楽 | ( 小学生からわかる 裁判所のつくりかた ) | ( 映画「ショージとタカオ」 ) | 18禁法律学 | 4コマまんが